【Karabiner-Elements】「英数」↔︎「かな」を Command キーのみで切り替える方法【MacBook】

Karabiner-Elements

ようこそ、KiRiOのブログへ!

MacBook をお使いの方で、入力モードを「英数」↔︎「かな」へ切り替える際に、以下のキーを押してはいないでしょうか。

  • 英数:Ctrl + Shift +
  • かな:Ctrl + Shift + J

入力モードを切り替えるだけでキーを3つも押さなければいけないなんて、正直面倒くさいですよね。
しかし、上記の入力モードの切り替えは、Command キーのみで行うことができます。具体的には下記のとおりです。

  • 英数:Space キー左隣の Command
  • かな:Space キー右隣の Command

Command キーは Space キーの両隣に位置しているため、ホームポジションを崩すことなく、親指のみで押すことができます。
入力キー数が減り、なおかつ指の移動も少ない、という一石二鳥のメリットが得られるため、この記事を読んで切り替え設定を行っておきましょう。


入力モードの切り替えキーを変更するためには、「 Karabiner-Elements 」というアプリが便利です。

そこで今回は、Karabiner-Elementsを使って入力モードの切り替え方法を変更する方法をご紹介します。

Karabiner-Elements のインストール

  1. まずは、Karabiner-Elements (以下 Karabiner) をダウンロードします。
    下記サイトから Download をクリックしてください
    Karabiner-Elements
    A powerful and stable keyboard customizer for macOS.
  2. ダウンロードが完了したら、.dmg ファイルを選択して開いてください
  3. .dmg ファイルを開いたら、.pkg ファイルを選択して開いてください
  4. インストールにあたっての導入文が表示されますので、「 Continue 」をクリックしてください
  5. インストール先を選択します。標準インストール先は PC 端末に指定されていますので、特に変更する必要がなければ「 Install 」をクリックしてください
  6. インストールが開始されます。

  7. インストールが完了しましたので、「 Close 」をクリックしてウィンドウを閉じてください

入力モードの切り替え方法を変更

Karabiner-Elements よりルールをインポート

  1. 続いて、インストールした Karabiner を開きます
    ウィンドウ上部にタブがありますので、左から3番目の「 Complex modifications 」を選択します
    このタブ内には、アプリ内に存在するルールが表示されます。
    ここに、今回変更を加える約物や引用符に関するルールをインポートします。そこで、Add rules をクリックします
  2. タブ内上部にある「 Import more than rules from the Internet (open a web browser) 」をクリックします
  3. ブラウザに接続し、Karabiner でインポート可能なルール一覧が目次形式で表示されます。
    今回対象のルールは、「 International (Language Specific) 」内にありますので、Table of Contents 内の「International (Language Specific)」を選択します
  4. 「International (Language Specific)」内にも多くのルールが存在します。
    今回インポートするルール名は

    • For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev 6)

    となりますので、右側にあります「 Import 」をクリックしてください(許可画面が表示されたら許可を選択してください)


  5. 続いて、Karabiner にて「 Import 」をクリックして、先ほどのルールをアプリ内にインポートすることを許可します。
  6. This file was imported successfully. 」というメッセージウィンドウが表示されましたら、インポートが完了していますので「 OK 」をクリックしてウィンドウを閉じます
  7. インポートしたルールを PC 内で有効化

    1. ここまでで、ルールのインポートは完了しましたが、これだけではまだ PC 上には反映されていません。
      Karabiner 内の「 Complex modifications 」タブ内にインポートされたルールが一覧表示されていますので、上から4番目「コマンドキーを…」の右側の「 Enable 」をクリックしてください

    2. 以上で、インポートしたルールが PC 上でも反映されるようになります。
      PC にて確認し、希望どおりの挙動が確認されれば成功です!
      (ちなみに、「Remove」をクリックすると、ルールが無効化されます。これは、インポートしたルールが使えなくなるだけで、PC 上からルールが削除されるわけではありません。)

    まとめ

    今回は、Karabiner-Elements を使って「英数」↔︎「かな」の入力モードの切り替え方法を変更する方法をご紹介しました。以下がまとめです。

    1. Karabiner をインストール
      1. 公式サイトよりダウンロード
      2. Karabiner-Elements
        A powerful and stable keyboard customizer for macOS.
      3. .dmg ファイルを開く
      4. .pkg ファイルを開く
      5. メッセージに従って、インストールを実行
    2. Karabiner より必要なルールをインポート
      1. Karabiner を起動
      2. Complex modifications タブを選択して Add rules をクリック
      3. Import more than rules from the Internet (open a web browser) をクリック
      4. ブラウザに接続するので、Table of Contents より International (Language Specific) を選択
      5. 画面をスクロールし、
        • For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev 6)

        の右側の Import をクリック

      6. Karabiner にて、先ほどのルールに対して Import をクリック
      7. インポート完了のメッセージウィンドウが表示されるので、 OK をクリック
    3. インポートしたルールを PC 内で有効化
      1. インポートしたルール右側の Enable をクリック
      2. Complex modifications タブ内にルールが追加されていれば成功

    細かく分けると手順が多くなりますが、慣れてしまえば簡単に設定できます。
    また、一回の設定で、キーボードの入力回数を大幅に減らすことができるので、面倒くさがらずに最初に設定しておきましょう。
    参考になった方は、この記事を拡散して他の方にも教えてあげてください。

    それでは、ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございました。
    また別の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました